ハト対策・カラス等の鳥害対策総合コンサルタント 防鳥機器メーカー|株式会社フジナガ

ハト対策のフジナガ-FUJINAGA
お問い合わせ

鳥害対策コラム

ベランダのハト対策の種類と効果について

2018/09/06

photo0001

個人住宅で最も多い「ベランダのハト被害」

ハト被害に悩まれている個人のお客様で最も多いのが、ベランダにハトが侵入する被害です。ベランダのハト被害は、一時的にハトが飛来して糞をする「糞害」から、長期間棲み着き巣を作り出産、ヒナの子育てを繰り返してしまう「営巣被害」などさまざまありますが、営巣被害などを適切なタイミングで対策を行わずに放置してしまうと拡大・悪化し、生活に支障をきたすほどの深刻な被害に変わってしまいます。

ベランダへのハトの侵入を防除する対策方法はさまざまありますが、一般的な対策の種類とその効果から、おすすめの対策方法についてご紹介します。

 

ベランダのハト対策の種類

  • テグス△
  • 磁石△
  • CD(キラキラしたもの)△
  • 忌避剤(ジェルまたはテープ)◯
  • 防鳥ピン◎
  • 防鳥ネット◎

※記号は、効果の程度の目安を表しています。

 

テグス△

昔からあるテグス(天蚕糸)を貼る対策。一定の効果が出る場合もありますが、ハトがテグスに触れても痛みなどは無いため、触れても安全だと学習すると、テグスの上に止まるようになってしまいます。また、ハトの足がテグス糸に絡まると、逆に傷つけてしまうおそれもあるため、ベランダにテグスを貼る対策では、充分な効果が得られるとは言い難いです。

 

磁石△

磁石によるベランダのハト対策は、設置する場所の環境や磁石と鳥の関係・原理上からは一定の効果がある場合もあるようですが、設置する場所の近くに鉄製のものがあると効果が減少したり、鉄製のものに付いた状態では全く効果がないともいわれており、設置する場所の環境や条件によって効果が異なるため、効果が出ないもしくは効果が不安定となる可能性が否めません。

 

 

CD(キラキラしたもの)△

鳥はキラキラ光るものが苦手といわれていることから、畑やベランダなどにCDを吊るし、恐怖で近寄らせない対策もありますが、こちらもCD等を設置する場所や環境、鳥の学習能力によって効果が左右されます。また、CDを吊るす事自体が、美観(見た目)上良くないというデメリットもあり、ベランダのハト対策としては効果が出ない、あるいは効果が不安定となる可能性が否めません。

 

忌避剤(ジェルまたはテープ)◯

ジェル状(またはテープ)の忌避剤(きひざい)を手すりに塗布(貼る)ことで、忌避剤特有の鳥が嫌がる臭いの有効成分によって、飛んで来ても止まらなくなりますが、ジェル(テープ)は消耗品のため、有効成分の効き目がなくなった後に飛んで来た鳥には効果がありません。忌避剤の効果がある状態で、鳥に忌避効果を学習させることができれば、その後飛んで来なくなる可能性は高く、ハトが侵入している時期を見計らい対策を行うことがポイントとなります。

 

防鳥ピン(剣山)◎

ハトは先端が尖ったものが危険であると認識認識しているため、防鳥ピンの設置は高い効果が期待できます。当社のBF3バードピンは、鳥の大きさや修正に合わせた形状で作らているので、まずハトが止まることはありません。以前はゴム製の突起部分の短いスパイクタイプの剣山をよく見かけましたが、突起部部が短いと、鳩がまたがって止まってしまうこともよくありますので、防鳥ピンを使用する場合、突起部分の材質と、形状(鳩の足でまたぐことができない程度の長さ)が必要となります。

 

防鳥ネット◎

防鳥ネットは、鳥の修正や、設置場所の環境に左右されず、物理的侵入を100%ブロックできるので、最も効果がある対策と言えます。しかし、ネットに15mm以上隙間があると、スズメなどの小野鳥は侵入できるので、ネットの貼り方には注意が必要です。

また、マンションの契約内容等の条件によっては、ネットを貼ること自体が禁止されている場合があります。当社のBF3バードネットは、極細で目立たず、マンションのベランダで数多く使用されており、確実に鳥のハトの侵入を防除でき、耐久性、安全性、美観にも優れています。

 

ベランダの効果的なハト対策 まとめ

 

  • ベランダのハト対策には、物理的侵入を100%ブロックできる防鳥ネットがおすすめです。
  • ネットを貼ることができない、ネットを貼りたくない場合は、防鳥ピンの取り付けがおすすめです。忌避剤やテープも条件次第で効果があります。
  • テグスや磁石、CDなどは、設置場所の環境によって安定した効果が得られにくい可能性が高い。

 

ハトは学習能力の高い鳥なので、ハトの体長や習性を無視した付け焼刃的な対策では、長期的に安定した効果は期待できません。また、もうひとつのポイントとして、ハトの被害が発生している場所や周辺の環境に合わせた対策方法を実施することが大事です。

 

ベランダのハト対策は、被害の内容や被害場所の環境によって、どのような対策がベストなのか、判断が難しいケースが多くあり、ハトの習性を理解し、周辺の環境を配慮した上で、合理的な対策を行うことが重要となってきます。
逆に、自己流で対策すると効果が出ないだけでなく、鳥を傷つけてしまったり、被害が拡大・悪化することも充分に有りえます。ベランダのハト被害でお悩みの方、ベランダのハト対策を検討されている方は、まずは当社までお気軽にご相談ください。

 

フジナガの鳥害対策製品ページ

 

鳥害対策に関するご質問やご相談、お見積り、図面・カタログ送付、
またメディア関係者様の情報発信のご協力等、
お気軽にお問い合わせください。

株式会社フジナガ

0120-783-810

受付時間9:00~18:00(土曜・日曜・祝日をのぞく)

【本社】〒660-0083
兵庫県尼崎市道意町6丁目28番7
TEL. 06-6417-8115(代表)/ FAX. 06-6417-8161

【対応エリア】北海道/東北/北陸・信越/関東/
中部/近畿/中国/四国/九州・沖縄